一人旅は試練がいっぱい!?アメリカ大陸の歩き方

自由気ままな一人旅とはいえ何かと不安はつきもの~そんな方におくるレクチャー事典

見逃し厳禁!アメリカ旅行者におくるビザ完全解説

2016年09月28日 16時43分

アメリカに旅行するときには、観光などで短期間の滞在のときにはビザは不要なのですが、ビザなしでパスポートだけ持って行っても入国させてくれません。というか、そもそも空港でアメリカ行きの飛行機にさえ乗せてくれません。

エスタと呼ばれる、ビザ免除プログラムに予め申請しておく必要があるのです。旅行会社などを経由してツアーを申し込んだ場合は注意喚起してくれるでしょうが、個人的に旅行する場合などは、忘れないように注意が必要です。

申請に必要なものとしては、パスポート、インターネット環境のあるパソコンやスマートホン、それにクレジットカードです。申請は郵送やどこかの窓口で受け付けてくれるわけではなく、インターネット経由に限定されています。そのため、ネットにつながるパソコンやスマホが必要です。また、申請には手数料が必要なのですが、この支払いも銀行振り込みやコンビニ支払いなどの手段では受け付けてくれず、クレジットカードが必須です。ただし、本人名義のものである必要はなく、家族名義のカードなどで支払うことも可能です。

申請はエスタのウェブサイトから行いますが、英語だけでなく日本語にも対応していますので、英語が苦手な人であっても大丈夫です。おそらく、慣れない人であっても30分もあれば十分に完了するでしょう。ただし、アメリカ当局としては、出発の72時間前までに申請しておくことを推奨しています。
申請は本人が行うのがよいのですが、家族その他の第三者が代行しても全く構いません。実際、ネット環境のない人、パソコン操作の苦手な人、あるいはクレジットカードを持っていない人のために、エスタ申請を代行してくれる業者というのも存在しています。