一人旅は試練がいっぱい!?アメリカ大陸の歩き方

自由気ままな一人旅とはいえ何かと不安はつきもの~そんな方におくるレクチャー事典

アメリカ一人旅~旅行記から学ぶ注意点あれこれ

2016年09月28日 16時48分

アメリカを一人旅するにあたっての注意点はいくつかあります。これらのことは、数ある旅行記から学ぶことができます。まずは、身の安全に十分配慮することです。旅行中に大事なパスポートと貴重品は常に携帯します。ホテルの金庫も過信しないほうがいいでしょう。

レストランやカフェに座った時は、貴重品を入れたバッグからは手を離さないようにします。また、ポケットにからお財布が見えないようにします。日本でも同じことが言えますが、夜遅くに一人で出歩かない、雰囲気の悪い道や街は昼間でも通らない、知り合った人にすぐに安易について行かないことです。

さらに地図を片手に歩いていると観光者だと狙われやすいため、必要なときのみ見るようにします。安いホテルを使う場合には、ロッカー等がありますが、南京錠を持参して使用するといいです。

チップの習慣は日本にはないので戸惑いますが、レストランでテーブル席に座るときには必ず、テイクアウトやカフェなどカウンターで何かを買うときには気持ち程度のチップを残します。またホテルで荷物の運搬を頼んだり、シーツ交換をしてくれた場合などにもチップを渡します。
対面で渡すときには、手の中にお札を持ち、握手をするような感じで相手に渡すとスムーズです。アメリカではチップ用にお札が用意されているので、小銭ではなくお札で渡すようにします。

そして、英語が苦手でも、目が合った人とはハローと笑顔で言うとお互い気持ちがよいです。ホテルやレストランでエレベーターに乗り合わせた時にも、ハローなど挨拶をすることが多いです。また、道を聞いたり、何かしてもらったりしたら必ずサンキューと言い感謝を表します。周りをよく観察して、アメリカのマナーを取り入れながら旅行をするといいでしょう。